本などを探す(Web-OPAC)

 

利用者メニュー

図書館ガイド

 

図書館を活用する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<その他>

我孫子市民図書館市民スタッフについて

市民スタッフとは、“市が行う継続的な事業に対し、自らの経験や知識を自発的に提供するとともに、
事業スタッフの一員として市職員とともに活動することができる市民”(「我孫子市市民スタッフに関
する要綱」第2条より)を指します。
「我孫子市市民スタッフに関する要綱」は、市で実施する事業に、市民の視点をより積極的に取り入れ
るために、平成15年6月に制定されました。これを受けてさまざまな事業に市民スタッフが導入され、
活躍の場が広がっています。我孫子市民図書館でも平成15年10月に「我孫子市民図書館市民スタッフ
に関する要領」を施行し、「対面朗読」と「読書普及」の2つの事業にご協力いただいています。

対面朗読事業

文字を読むのが困難な方に市民スタッフが1対1で朗読します。図書、雑誌、新聞の他、手紙や説明書など、
ご希望のものをお読みします。
「利用者の方の目になること」を目的とし、俳優やプロの朗読者のように感情を込めた朗読ではなく、淡々と
事実を伝えるよう心がけています。
平成28年3月現在、2名の利用者の方に、毎週1回ずつ、2時間程度の対面朗読を行っています。

 
※我孫子市在住・在勤・在学の方がご利用いただけます。
 ※アビスタ本館と布佐分館には対面朗読専用の部屋があり、静かな環境でご利用いただけます。

 
対面朗読風景

読書普及事業

さまざまな世代の方に読書の楽しさを知ってもらうための活動を行っています。読み聞かせに必要な
知識を身につけるために、絵本に関する研修を受けて、活動に臨みます。
現在行なっている活動は
 ・離乳食教室(保健センターで毎月1回実施)での乳児と保護者への読み聞かせ
 ・市内小中学校の図書館整備
 ・大人が楽しむおはなし会(ふれあいサロンなどで)
 ・そよかぜおはなしタイム(移動図書館でのおはなし会)
 ・図書館布佐分館でのおはなし会(4
~9歳くらいの子どもが対象のおはなし会)
 ・子育て支援センターでの出前おはなし会

 

子育て支援センターでの出前おはなし会(左)・市内小中学校図書館整備(右)

そよかせおはなしタイム 

そよかぜおはなしタイム(青山台ステーション)

 

トップページへ戻る