本などを探す(Web-OPAC)

 

利用者メニュー

図書館ガイド

 

図書館を活用する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーナード・リーチ我孫子築窯100周年記念事業報告

2017年度に我孫子ゆかりの先人であるバーナード・リーチの生誕130年・我孫子築窯100年
を記念したイベントを開催しました。

 

○「バーナード・リーチ展」(担当:白樺文学館)
 開催期間 平成29年11月30日(木)~平成30年2月4日(日)
 開催場所 我孫子市白樺文学館
 入館者数 1,540人

バーナード・リーチ展(左・中央)/バーナード・リーチ展ポスター(右)

開催期間中、学芸員による展示解説「ギャラリートーク」を全10回開催し、108人の
参加がありました。

なお、図書館ではバーナード・リーチ展の内容をまとめた資料の貸出を行っています。
 
タイトル  『我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展 資料』
 予約コード
 1000000618206

 

特別講演会(担当:図書館)
 講  師 原田 マハ氏(作家)
 演  題 「リーチを追いかけて-『リーチ先生』創作のプロセス-」
 日  時 平成30年1月28日(日)午後1時30分~午後3時
 場  所 我孫子市生涯学習センター アビスタホール
 受講者数 140人

 原田マハさんの講演は終始リーチへの親しみにあふれ、陶器が好きであること・リーチを
知るきっかけ・白樺派の果たした役割・セントアイヴスへの取材旅行のことなど、ユーモア交えて
お話いただきました。

 

○座談会SPレコード音源と映像を楽しむ(担当:白樺文学館)
 日  時 平成29年12月10日(日)午後2時~午後3時
 場  所 我孫子市生涯学習センター アビスタホール
 入場者数 36人

 

○講演会(担当:図書館)
 講  師 井坂 浩一郎氏(ギャラリー セントアイヴス代表取締役)
 演  題 「バーナード・リーチとセントアイヴス」
 日  時 平成30年12月17日(日)午後1時30分~午後3時
 場  所 我孫子市生涯学習センター アビスタホール

 入場者数 96人

 リーチの人生・人柄・交友関係についてまたセントアイヴスの土地柄や風習についてなど
を貴重な写真を使ってお話いただいきました。リーチ亡き後のリーチ工房の状況や、益子町と
セントアイヴスの友好都市調印の話など現代につながる話も聞かせていただきました。

 

○市内散策ツアー

三樹荘

「リーチの足跡を訪ねて」(担当:文化・スポーツ課)
 日  時 第1回 平成29年12月17日(日)午前10時~午前11時30分
      第2回 平成30年 1月28日(日)午前10時~午前11時30分
      いずれも午前9時45分アビスタ集合
 散策コース バーナード・リーチ碑→天神坂→三樹荘(普段は非公開)→
       加納治五郎別荘跡地→志賀直哉書斎→白樺文学館
 参加者数 第1回 19人
      第2回 23人

 

○絵付け体験「親子でリーチの絵付けに挑戦しよう」(担当:公民館)
 日  時 平成29年12月10日(日)午前10時~正午
 場  所 我孫子市生涯学習センター アビスタ工芸工作室

 参加者数 18組

リーチのことについて説明したあと、参加者全員で陶器に思い思いの絵を描きました。
親子で迷いながらも話し合って楽しく製作しました。

 

バーナード・リーチを知るための本(我孫子市民図書館所蔵・書名五十音順)

書名

著者名

出版社

小説バーナード・リーチ

あいがわ たけし

MOKU選書

白樺派の文人たちと手賀沼

山本 鉱太郎

崙書房

手賀沼と文人たち

秋谷 半七

崙書房

バーナード・リーチ作品集

日本民藝館学芸部

筑摩書房

バーナード・リーチとリーチ・ポタリー(民藝2006年10月号)

 

日本民藝協会

バーナード・リーチ日本絵日記

バーナード・
リーチ

講談社

柳宗悦とB・リーチの往復書簡から(民藝2015年4月号)

 

日本民藝協会

リーチ先生

原田 マハ

集英社

 

トップページへ戻る